ホップラカス・懐かし掲示板


記憶の彼方にある懐かしいテレビ番組、近所の駄菓子屋、青春の1ページなど…
あなたにとっての懐かしい話題をなんでもお書きください。
時には関係ない話題でもかまいません。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

「ホップラカス通巻第84・85号」 - たかはしよしひで

2018/08/14 (Tue) 19:08:03

「ホップラカス通巻第84・85号」2冊同時発行の予定で、原稿募集中です。
自家製本の都合で、各号32ページです。
発行は、年内発行と大雑把ですが、締め切りは9月末ごろになります。

ご投稿を心よりお待ちにしております。
漫画やイラストはもちろんですが、漫画・映画論、懐かしい話題などなんでもお待ちしております。
基本はオールカラーですが、モノクロでもかまいません。

また、内容も未定ですが、「ホップラカス特別付録DVD」も企画しています。
いちおう懐かしアニメ、特撮、実写ドラマ名場面集などを考えていますが、決定ではありません。
要望などありましたらお寄せください。

なお、申し訳ありませんが、ご投稿いただいても原稿料はありません。
ご投稿いただいた方にはご謹呈させていただきます。

画像は、昨年発行された「ホップラカス通巻第83号」です。

ディズニー・アート展 - コンタ・ゆうじ

2018/07/16 (Mon) 11:01:56

 宮城県美術館でディズニー・アート展をやっています。美術館が比較的拙宅から近いので散歩がてら出かけて見てきました。アニメやマンガの原点は、やはりディズニーなのかと改めて確認した次第です。展示物には、コンセプトアート、キャラクター設定シート、原画等々があり、「アート」展だなと感心しました。ディスプレーにはアニメも流れておりますが、小さな子供が見ても全く面白くないと思われます。一度見ているアニメも忘れている部分が多く、できればあらかじめアニメ映画を見て予習しておけば引用した部分が分かりやすいと思われました。9月30日までなので先がありますが、ご都合がつく方はご覧になることをお薦めいたします。(夏休み期間は混むかもしれませんが)

Re: ディズニー・アート展 - たかはしよしひで

2018/07/16 (Mon) 19:07:02

コンタ・ゆうじ先生、その後お加減はいかがでしょうか?
この酷暑はお体にこたえませんか?
どうぞご自愛ください。

さて、面白いアート展が記載されていますね。
興味はありますが、こちらから出かけられるか不明です。
石ノ森萬画館でも「ジュン展」にも出かけられなかったし、相変わらず出不精は健在のようです。

ぜひ、ご近所の方はお出かけになられるといいと思います。

私は今は、井上はじめさんの企画で、週刊零細(連載)マンガ(毎週1ページカラー)を制作させていただいております。
よく漫画家さんは、毎週16ページも描けるものだと感心しております。

またコンタ・ゆうじ先生とも何か面白いことができたらいいですね。

「AI」映画監督となる みずの URL

2018/06/27 (Wed) 22:55:35

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180626-00010000-wired-sctch&p=1

「ベンジャミン」と言う俗名の「AI」に映画の監督をやらせた、そして作品として作り出した・・・と言うお話なのですが、将来的には分かりませんが、現段階では「見ちゃおれない」レベルどとおもいます。

「Zone Out」と言う作品ですが、これ以外にも実験的には色々創られてるみたいですね。

まだ、全然話にならないレベルだとはおもいますし、「映像理論」を踏まえた「芸術的領域」に達する事が出来るのか、出来たとしても途方もない時間が掛るかと思います。

今、全盛の「デジタル物」もその昔の「トロン」から始まった「大河に通ずる一滴の水」だったのですからね。

「百聞は一見に如かず」であります。

何とか映画館で見てみたいです。

Re: 「AI」映画監督となる - たかはしよしひで

2018/06/30 (Sat) 16:33:21

みずのさん、いつもお世話になります。

「AI」の進歩はすごいですね。
そのうち「AI」は、漫画や小説、映画でもなんでもこなすようになりそうですね。
興味はありますが、好みの作品かどうかはまた別の話ですね。
世の中で評価されている作品が、自分の見たい作品ではない時と同じですね。

むしろ、そのうち素人臭い作品の方が評価されたりするのではないかと思ったりします。

ランペイジ・巨獣大乱闘 みずの URL

2018/04/18 (Wed) 23:16:25

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00010015-realsound-ent

まあ、活動大写真的ハチャメチヤ映画なんですが、主演が「ドウエイン・ジョンソン」なのです。

早い話が「ロック様」です。元「プロレスラー」で今も「現役」なんだけど、試合なんかほとんどやってません。

日本じゃ知名度今一つなんだけれども、アメリカじゃ誰もが知ってる人気者です。映画にも沢山でてるけれども、輸入されなかったのが多いです。

「スコーピオンキング」だけじゃありませんです。

じいさんが「ピーター・メイビア」でおやじさんが「ロッキー・ジョンソン」ですよ。古いプロレスフアンなら誰でもしってます。

「ロッキー・ジョンソン」は「黒い毒蜘蛛」の異名を持つ「アーニー・ラッド」と日本でタッグを組んで「タッグ選手権」にでてました。

この時優勝したのは「アントニオ猪木・星野勘太郎」組でしたね。

ロック様はもう完全に映画俳優です。「シュワルツネガー」の後釜になろうとおもってるんですよ。

Re: ランペイジ・巨獣大乱闘 - たかはしよしひで

2018/04/19 (Thu) 00:17:42

https://www.youtube.com/watch?time_continue=79&v=5PT5IVOk65M

みずのさん、お教えくださりありがとうございます。
プロレスのことはよくわかりませんが(井上肇さんならわかるでしょう)、
「ランペイジ・巨獣大乱闘」は、ちょっとすごそうな映画ですね。
予告編だけを見ると、すごいことをサラリと見せていますね。
まず日本では作れない映画という気がします。
予算の問題もあるでしょうが、技術の面でも難しそうですね。

マンガを安価で沢山読む方法は? みずの URL

2018/04/14 (Sat) 22:00:31

「みずの」でございます。

皆さんのお知恵を拝借したいのですが宜しいでしょうか?

古いマンガならば、人の後塵を拝する事のないくらい読んではいるのですが、事、「新しいマンガ」はあまり読んではおりません。
所々、かじりの知識程度には読んでいるし、持ってもいるのですが、何時も「そのマンガwh知らないヨ」の状態です。

自分の「ホームページ」とか「ブログ」に書き込みたいのですが、如何せん、現代のマンガの読破量は圧倒的に少ないです。

・・・で、お聞きしたいのは「現代のマンガを出来るだけ沢山、しかも安価に読める方法がありましたら教えていただきたいとおもいます。

現代のマンガはコレクションにしても、将来的に「価値が出る」何て事は考えられないので、読めればそれで良いと思っております。

ネットと言う「手」がまず思いつきますが、「新刊」ですと「単行本」を買ってもあまり変わらないようにおもいます。
勿論、「千差万別」というヤツでネットでも大量にしかも安価に読める方法があるのかもしれませんが、その辺のノウハウと言うかシステムと言うか、その類が知りません。

あるいは、ネットカフエで読む、GYAOみたいな所で借りちゃう・・・また、喫茶店で只読み、ブックオフで安く買う・・・何て事が思いつくのですが、何か今一つシックリと来ないのです。

そう言う訳で、「読み捨て」で結構なので、「こう言うやり方があるヨ」と思われたなら、是非教えていただきたいと思います。

宜しくお願いいたします。

Re: マンガを安価で沢山読む方法は? - たかはしよしひで

2018/04/17 (Tue) 18:44:27

みずのさん、いつもお世話になります。

「現代のマンガを出来るだけたくさん、安価に読める方法」とのことですが、残念ですが、私には思いつきません・・・。
何かうまい方法があれば、私も知りたいぐらいです。
どなたか、お教えください。

それにしましても、みずのさんのチャレンジ精神には頭が下がります。

Re: マンガを安価で沢山読む方法は? へいきち

2018/04/17 (Tue) 23:49:07

ずいぶん長いあいだご無沙汰してました。
へいきちでございます。
大抵の作品は↓で読めますよ。無料です。
http://www.manga-zone.org/
http://manga-zip.net/
以前はもう一つあったんですが、いつのまにか消えちゃいました。
著作権の問題に関しては???で、わたくし関知しません。
なお閲覧にはフリーソフトのIrfanViewが便利です。

Re: マンガを安価で沢山読む方法は? みずの URL

2018/04/18 (Wed) 20:33:22

「たかはしさん」変な質問をさせていただきまして、どうもすみませんでした。

色々とお骨折りいただきまして、ありがとうございました。
これからも宜しくお願いもうしあげます。

Re: マンガを安価で沢山読む方法は? みずの URL

2018/04/18 (Wed) 20:38:01

「へいきちさん」お答えいただきましてどうも有り難うございました。

大変参考になりましたデス。

これからも、色々と教えて下さい。宜しくお願いいたします。

Re: マンガを安価で沢山読む方法は? - たかはしよしひで

2018/04/19 (Thu) 00:32:37

へいきちさん、こちらこそご無沙汰しております。
情報をありがとうございます。

また、「立ち読みのコーナー」では、いろいろお世話になり、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

手持ちのスチール写真「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」 - たかはしよしひで

2018/02/27 (Tue) 20:51:55

昭和42年=1967年3月15日に公開。
翼をたたんだ(?)ギャオス。
これも、撮影合間に撮られた珍しいショットかと思います。

画像をクリックすると拡大されます。

手持ちのスチール写真「海底大戦争」 - たかはしよしひで

2018/02/27 (Tue) 20:50:15

昭和41年=1966年の日米合作映画。
「サイボーグ半魚人」です。
撮影合間のスナップショットでしょうか?
楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

画像をクリックすると拡大されます。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』日本版予告 第2弾 - たかはしよしひで  URL

2018/02/10 (Sat) 00:12:24

https://www.youtube.com/watch?v=DjHq3dfTW5o

既にご存知でしょうが、『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主人公に据えた新作映画です。
シリーズ第1作『スター・ウォーズ』以前を舞台にした本作が描くのは、若きハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)と相棒チューバッカの冒険、そして悪友ランド・カルリジアン(ドナルド・グローヴァー)との出会い。
ハン・ソロがどのように密輸業を営み、オビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーが出会った悪党(?)になったのかが明かされるらしいです。
2018年に公開予定。
監督はロン・ハワード。

石ノ森章太郎先生(石森章太郎先生)の「ぼくの漫画ぜんぶ」です。 - たかはしよしひで  URL

2018/02/05 (Mon) 11:23:13

昭和52年=1977年発行 廣済堂出版。
当時の先生のすべてが詰まっている(?)貴重で興味深い本かと思います。

画像をクリックすると拡大されます。

Re: 石ノ森章太郎先生(石森章太郎先生)の「ぼくの漫画ぜんぶ」です。 - たかはしよしひで  URL

2018/02/05 (Mon) 11:24:36

扉です。

Re: 石ノ森章太郎先生(石森章太郎先生)の「ぼくの漫画ぜんぶ」です。 - たかはしよしひで  URL

2018/02/05 (Mon) 11:28:01

本文。
「キャラクターは作者とともに成長する?」
島村ジョーの顔の移り変わりは石ノ森先生の生活の移り変わりを反映しているのでしょう。

Re: 石ノ森章太郎先生(石森章太郎先生)の「ぼくの漫画ぜんぶ」です。 - たかはしよしひで  URL

2018/02/05 (Mon) 11:30:43

本文。
「話し合いと批評でパワーアップ」
漫画研究会の意義を説明しておられます。

画像をクリックして拡大してご覧ください。

カラー完全版 ふしぎな少年 - たかはしよしひで  URL

2018/02/04 (Sun) 10:58:21

欲しい・・・けど、これもかなり高価です。
でも、いちおう、購入したいとは思っておりますが・・・。
------------------------------------

「時間よとまれ!」のセリフで一世を風靡した
手塚治虫の傑作SFが、カラー完全版で甦る!

本作は、1961年から62年にかけて雑誌「少年クラブ」に連載され、同時期にNHKでテレビドラマ化されたメディアミックスの走りである。
本書では、これまでの単行本ではカットされたりモノクロ印刷となっていた雑誌連載当時の美麗なカラートビラやカラーページを当時の色彩のままカラーで再現。
また、これまで一度も単行本に収録されていない幻のエピソード「時限爆弾」編と「鬼が島」編を初収録している。
その他、手塚が単行本化の際に行った細かな改変もすべて雑誌連載当時のオリジナルに戻し、単行本初収録となるページは300ページ以上にもおよぶ。
連載当時読んでいた読者にとってはオリジナル版との56年ぶりの再会であり、今回初めて本書を手に取る読者にとっては、今まで読んだことのない新たな物語との初めての遭遇となるのだ!!
決定版にふさわしく、巻末資料も充実。
テレビドラマ版の企画・構成を担当した辻真先インタビュー、石山透によるテレビドラマ放送第1話のシナリオを完全収録。
さらに特別付録として当時発売された「ふしぎな少年かるた」の復刻版を同梱している。
上下巻 箱入り、付録付き。

出版社:小学館クリエイティブ
判型:A5変
頁数:1,024 頁
配送時期:2018/02/中旬
価格:9,720 円 (税込)

画像をクリックすると大きく見られます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.