ホップラカス・懐かし掲示板


記憶の彼方にある懐かしいテレビ番組、近所の駄菓子屋、青春の1ページなど…
あなたにとっての懐かしい話題をなんでもお書きください。
時には関係ない話題でもかまいません。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

怪獣マリンコング T

2018/12/09 (Sun) 11:57:59

はじめまして。

怪獣マリンコング 特別限定版の映像を探しております。お持ちの方がいらっしゃるようでしたら、どなたか譲っていただけないでしょうか?もちろんお礼はさせていただきます。

ご連絡お待ちしております。

Re: 怪獣マリンコング - たかはしよしひで URL

2018/12/09 (Sun) 20:46:52

Tさん、初めまして。
「怪獣マリンコング 特別限定版」というビデオテープが発売されていたのですね。
知りませんでした。

当時怖かったのですが、私も好きな作品でした。
心当たりはありませんが、情報をお持ちの方は、どうぞおしらせください。

なんとかソフト化されないものでしょうか。

「怪獣マリンコング 特別限定版」ビデオテープのオークションの記事がありました。
http://aucfree.com/items/e296661540

Re: Re: 怪獣マリンコング T

2018/12/09 (Sun) 21:03:45

たかはしよしひで様へ

ご連絡有難うございます。
実は当方もオークションの入札に参加しておりました。
残念ながら落札は出来ませんでした(涙)

このような資料は、DVD化されてほしいです。
当方26歳ですが、昭和時代が好きで映画・ドラマ・音楽の資料を集めております。特撮にはあまり興味がなかったのですが、怪獣マリンコングの画像やYouTubeにある動画を観てから「この特撮だけは絶対に観たい!」と思い長年探しております。

マリンコングとは名前がとても可愛らしいですね~(笑)

Re: 怪獣マリンコング - たかはしよしひで URL

2018/12/10 (Mon) 11:57:02

確かに可愛らしい名前ですね。
それでも、放映当時は怖い思いが強かったのです。

当時の子供は、感性が強かったのか、自分の中でイメージを増幅していたように思います。
現代のように、常に完成された作品を観ていると、想像力が養われないのかとも思います。

しかし、完成度が高い作品を観ることができる現在の環境は、なんとも恵まれていて羨ましくも思います。
いい時代なのだとも思います。

http://web2.nazca.co.jp/0107hop/natukasi/natukasi11.html

Re: 怪獣マリンコング - たかはしよしひで URL

2018/12/10 (Mon) 12:03:20

怪獣マリンコンの動画の一部も投稿されています。
ご存知のない方は、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=kg1gXkSumDA

手塚治虫先生のご邸宅と虫プロ - たかはしよしひで URL

2018/12/08 (Sat) 23:18:38

手塚治虫先生のご邸宅。
偶然ですが、1970年に虫プロを訪れた時に撮影した手塚治虫先生の建物について、真佐美ジュンさんのブログで、詳しく説明していただいておりました(!)。
私もおよそ48年もの間、この写真がどの位置なのかわからなかったので、ようやく判明しました。
感謝です。
こちらは、手塚治虫先生のご邸宅の北側だったのですね。
この写真の撮影者は、井上肇さんです。
(いつも使わせていただきありがとうございます)

真佐美ジュンさんのブログより転載させていただきました。

手塚邸の裏、北側から撮られた写真を発見、すでに、虫プロも立っているが、北側のベランダ、「誰も知らない手塚治虫」の中の、赤い部屋の話、このベランダに抜け、父母の、玄関から北側にある門に出て、待ち構えている車で脱出したのである。
また私(注:著者の真佐美ジュンさん)が何度か言ったように、お稲荷さんがあって、祈祷までしていると言っていたが、きちんと、鳥居が写っている。
(注:確かに鳥居も写っていて、驚きました)

真佐美ジュンさんのブログはこちらです。
https://blog.goo.ne.jp/mcsammy/e/d0843a2e0cd2d78d399aa5abbdd94925

Re: 手塚治虫先生のご邸宅と虫プロ - たかはしよしひで URL

2018/12/10 (Mon) 11:48:59

拙宅にあるはずの「誰も知らない手塚治虫」を探しましたが、見つかりません。
まあ、そのうち出てくるでしょう。

「ウルトラマン・大魔神のびっくり力くらべ」 - たかはしよしひで URL

2018/12/08 (Sat) 17:48:02

「大魔神のふみつぶし戦法」
って、あれも立派な「戦法」なのでした。

所有している切り抜きです。
カラー大特集「66年版ウルトラ怪獣辞典」(1966年少年マガジン51号掲載)より

画像をクリックすると拡大されます。

Re: 「ウルトラマン・大魔神のびっくり力くらべ」 - たかはしよしひで URL

2018/12/08 (Sat) 17:51:13

1966年少年マガジン51号の、カラー大特集「66年版ウルトラ怪獣事典」
この特集ページの扉部分は、「少年マガジン」「ぼくら」オリジナル復刻版 ウルトラマン画報にも掲載されていますが、掲載は一色です。

Re: 「ウルトラマン・大魔神のびっくり力くらべ」 - たかはしよしひで URL

2018/12/08 (Sat) 17:53:24

こちらは、1966年少年マガジン51号の表紙です。
資料としてネットから転載させていただきました。

『スーパージェッター』 - たかはしよしひで URL

2018/12/05 (Wed) 16:11:07

『スーパージェッター(65)』はあまりにも有名な懐かしいアニメ作品の代表格です。

30世紀のタイムパトロール隊員ジェッターが、30世紀の極悪人ジャガーを追跡してきて、そのタイムマシーンと接触したために、時間航行装置が故障し、20世紀に不時着してしまいます。
そこで30世紀に帰れるようになるまで、20世紀の悪人と戦うと言うものでした。
当時の子供なら誰もが欲しがった腕時計型の流星号のリモコンと、時間を30秒だけ(時間が短すぎると思いました)停止させるタイムストッパー。
空中でバランスがとれるのかと少し心配した、空中を浮遊できる反重力ベルト。
そして、基本的には神経を麻痺させるパラライザーなど、当時は目新しいSF的な小道具が興味をひきました。

もちろん、魅力的な久松文雄先生の絵と、山下毅雄さんの心躍る音楽も見逃せません。
また、脚本には、 加納一郎氏、筒井康隆氏、山村正夫氏、辻真先氏、半村良氏、豊田有恒氏、眉村卓氏など、今では大御所の方も多数参加しているのも魅力です。

さらに、声優陣も、ジェッターの市川治さん、水島かおるの松島みのりさん、そして、西郷長官の熊倉一雄さんとどのキャラも見事でした。

『スーパージェッター』のヒロイン、ベレー帽をかぶったカメラマンの水島かおるさんは、松島みのりさんのステキな声と相まって、魅力的な女性に描かれておりました。
(松島みのりさんは、『おはよう子供ショー』のお姉さんでもありましたね)

ちょっとおてんば(死語?)で手がかかりますが、それでも姉さん女房的な雰囲気の女性が、水島かおるさんでした。
当時のたいていの男の子は、かおるさんを好きだったのではないでしょうか?

Re: 『スーパージェッター』 - たかはしよしひで URL

2018/12/05 (Wed) 16:17:42

ソノシート版です。
以前所有していたソノシートでしたが、20年ほど前に他のお宝本などと一緒に処分されてしまったものでした。
昨年、水谷しゅんさんからプレゼントしていただきました。
水谷しゅんさん、懐かしい思い出を、ありがとうございます。

画像をクリックすると拡大されます。

Re: 『スーパージェッター』 - たかはしよしひで URL

2018/12/05 (Wed) 16:23:34

コミック版

画像をクリックすると拡大されます。

Re: 『スーパージェッター』 - たかはしよしひで URL

2018/12/05 (Wed) 16:40:11

ロマンアルバムです。

画像をクリックすると拡大されます。

Re: 『スーパージェッター』 - オールドファン

2018/12/05 (Wed) 23:49:31

スーパージェッターも懐かしいです。
私には、何といっても、「流星号 流星号 応答せよ」です。空飛ぶ車が、飛んでくるのは、夢が有りました。
当時、若い男子の声は、女性の事が多かったですが、ジェッターは、珍しく男性でしたね。
御本人も、珍しいと言われたそうです。

Re: 『スーパージェッター』 - たかはしよしひで URL

2018/12/06 (Thu) 18:07:37

ジェッターくんの市川治さんの声が、キャラクターにマッチしていましたね。
流星号、かっこよかったです。

おっしゃる通り、当時は若い男子の声は、女性が担当するのが多かったですね。
でも、風のフジ丸やサスケなど、男子の声の方がしっくりときた作品も多かったですね。

「ゴジラVSキングギドラ決戦史」 - たかはしよしひで URL

2018/12/04 (Tue) 12:16:40

怪獣映画のコミカライズ作品を復刻したものです。
1992年1月発行 
石川球太先生「三大怪獣・地球最大の決戦」
堀江卓先生「怪獣総進撃」
古城武司先生「地球攻撃命令・ゴジラ対ガイガン」
素晴らしい迫力のカバーイラストは開田裕治氏です。

Re: 「ゴジラVSキングギドラ決戦史」 - たかはしよしひで URL

2018/12/04 (Tue) 13:25:18

石川球太先生執筆によるキングギドラ登場のシーン、

Re: 「ゴジラVSキングギドラ決戦史」 - たかはしよしひで URL

2018/12/04 (Tue) 13:26:25

そして、三大怪獣の決戦。

Re: 「ゴジラVSキングギドラ決戦史」 - たかはしよしひで URL

2018/12/04 (Tue) 13:32:57

「少年ブック」付録の表紙です。

「海底大戦争」から、「サイボーグ半魚人」です。 - たかはしよしひで URL

2018/12/04 (Tue) 12:09:43

撮影合間のスナップショットでしょうか?
楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
昭和41年=1966年の日米合作映画。

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』 - たかはしよしひで URL

2018/12/02 (Sun) 12:05:39

1967年(昭和42年)3月15日に公開。
監督 湯浅憲明

ミニチュア大好きなので、このようなメイキング画像は見ていて楽しい。

Re: 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』 - たかはしよしひで URL

2018/12/02 (Sun) 12:07:23

劇場で販売されていたパンフレットから

Re: 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』 - たかはしよしひで URL

2018/12/02 (Sun) 12:12:18

ギャオスの休憩シーン?
少年に襲いかかるシーンでしょうか。

当時の少年画報社編集部からいただいた貴重な写真です。

Re: 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』 - たかはしよしひで URL

2018/12/02 (Sun) 12:15:56

当時の「大映グラフ」から

Re: 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』 - たかはしよしひで URL

2018/12/02 (Sun) 12:20:20

『少年』の1967年4月号別冊付録「少年コミックス」から、中沢啓治さんによるコミカライズ。
公開時に各劇場でも販売されていました。

『七色仮面』第3部「レッドジャガー」編 - たかはしよしひで URL

2018/12/01 (Sat) 19:00:43

第3部「レッドジャガー」編
「汝の手は、夜。ジャガーの目は、炎」
と合い言葉を言って、扉を開けると七色仮面が登場するタイトルシーン。
偽札やスパイ団の暗躍などを巧に織り込み、とても子供番組とは思えない作品です。

Re: 『七色仮面』第3部「レッドジャガー」編 - たかはしよしひで URL

2018/12/01 (Sat) 19:01:35

この作品が好きな理由に、悪漢・レッドジャガーが江戸弁で話すからです。

欄光太郎探偵に
「事件から手をしけ(ひけ)!手をしくのだ(ひくのだ)!」
と、脅迫しますし、
「握られたしみつ(秘密)を、しゃべられてはおしまいだ」とか、
「十億あれば、しと暴れ(一暴れ)出来る」といいます。


また、レッドジャガーのもうひとつの顔、公安局の調査部長の時には、
「あなたの疑惑を、頭からしてい(否定)することもできませんね」
「実はししょ(秘書)の八代圭子の事ですが・・・」
「はっきりとしたことはわかりませんが、何かしっかかり(ひっかかり)があったと思います」
と、言います。

Re: 『七色仮面』第3部「レッドジャガー」編 - たかはしよしひで URL

2018/12/01 (Sat) 19:03:19

第3部「レッドジャガー」編には、八代圭子役で八代万智子さん、ゆきなつこ(字は不明です)役で三瀬滋子(應 蘭芳)さんが出演されています。

その八代万智子さんは、『マグマ大使』の「マモルくんのお母さん」です。

Re: 『七色仮面』第3部「レッドジャガー」編 - たかはしよしひで URL

2018/12/01 (Sat) 19:04:05

そして、三瀬滋子(應 蘭芳)さんは、「モル」役で出演されています。

『七色仮面』コブラ仮面の巻 - たかはしよしひで URL

2018/12/01 (Sat) 10:51:50

子供のころ怖かったテレビ映画。
今でも大好きなテレビ番組『七色仮面』。
第1部に登場した「コブラ仮面」です。

照明のうまさもあり、子供番組とは思えない不気味さがありました。
劇場でも公開するために、きちんと撮られていたようです。
悪人は時代劇のような喋り方をしています。

『七色仮面』は、『月光仮面』の原作者・川内康範が想像した正義の味方で、TV初の仮面ヒーローです。
昭和34年=1959年から昭和35年=1960年にテレビで放送されました。
私は小学生のころに、よそのお宅で熱狂しながら拝見していたもので、そのうちの数作は地元の映画館(?)でも観ました。

Re: 『七色仮面』コブラ仮面の巻 - たかはしよしひで URL

2018/12/02 (Sun) 13:20:22

コブラ仮面の巻の映画版ポスター。
「手に汗にぎる科学冒険活劇」とあります。

『長編探偵漫画・鉄人28号』 - たかはしよしひで URL

2018/12/01 (Sat) 10:29:09

少年探偵金田正太郎が活躍する鉄人シリーズの本当の初期の単行本です。
巻数の表示がどこにもないのですが、これが第1巻です。
長編探偵漫画と銘打っているように、当初はロボットものというより、探偵ものだった事がわかります。
8月1日に初版が発行され、20日にはもうこの五版が発行されております。
1996年に発行された光文社文庫の本誌完全復刻版『鉄人28号』を見ると、単行本では大幅に削除改変されていたことがわかります。

なお、この本は、2011年に「鉄人28号 4―カラー版」として復刻されています。
個人的には、このサイズや、B5版などのように、新書版以前のそれぞれのサイズに思い入れがあります。


DATA:
『長編探偵漫画・鉄人28号』
著者:横山光輝
本文:120ページ 昭和33(1958)年8月20日 五版発行 定価150円
発行所:株式会社光文社


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.