ホップラカス・懐かし掲示板


記憶の彼方にある懐かしいテレビ番組、近所の駄菓子屋、青春の1ページなど…
あなたにとっての懐かしい話題をなんでもお書きください。
時には関係ない話題でもかまいません。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

亡くなられた戸田寿一さんの思い出 - たかはしよしひで  URL

2016/09/26 (Mon) 14:53:02

今から13年前の2003年のお話です。
その年の10月8日に、戸田寿一さんが亡くなられました。
もうすぐ祥月命日です。

戸田さんは、当時井上はじめさんの「漫画集団ボボ」に所属されており、私よりも10歳も年上の方でした。
丸いタッチの温かい絵を描かれる、とても温厚な方でした。

1970年代の当時、生意気だった私には、時代遅れと思えるタッチにはあまり興味が湧かなかったのです。
しかし、1990年代に同人誌を復刻した際にあらためて原稿を拝見したらちっとも古くはなく、今読んでも面白い物語だったのです。
自分の認識の甘さ、視野の狭さ、自分の愚かさ、そして失礼を痛感したものでした。

それから、戸田さんは8ミリフィルム映画も撮られていて、いろいろな機材をお持ちでした。
井上はじめさんらと「猫神家の一族」というパロディ映画を撮られたときのチーフカメラマンでもあります。
また、アマチュア映画の上映会などには広告を出していただいたり、他のスポンサーの斡旋までして下さいました。

さらに、1985年に自主制作映画「NOVA」のクランクインの際にも、余分なフィルムをたくさんいただきました。
また、エリアル合成用にとコマ送りが出来る高級映写機を長い間お貸し下さいました。
(結局、その映写機は使われないまま数年後にお返ししたのですが・・・)

その戸田さんは、2003年5月に胃癌が見つかりました。
6月に入院、7月に胃の全摘手術を受け、8月にいったん退院したものの9月に再入院されます。
そして、10月8日にご家族の見守る中、天国へと旅立たれました。
享年61歳。
あまりに早すぎる死でした。
(すでに私はその年を追い越してしまいました)

当時、ご協力いただいた「NOVA」のビデオも御霊前に捧げさせていただきました。
後日当日お留守だったご長男の方(実はご長男にも作品制作では大変お世話になりました)からお返事をいただきました。
その中に、

「NOVAのビデオもありがとうございました。
 スタッフロールに父の名前をみつけた時とても嬉しかったです。
 天国の父もきっと喜んでくれていると思います」

ご持参して本当に良かった、何事も形になって残って行くんだなとしみじみ思いました。
寂しいながらも、心の中が暖かくなりました。

ところで、40年程前になりますが戸田さんが私の自宅にいらしたときの簡単なやりとりがあります。

私「どうして戸田さんは肉屋さんを始めたのやッス(この場合の「ス」は敬語です)」
戸田さん「もうがっかど思ってよ(儲かるかと思って)」

飄々と答えられた時のあのすてきな笑顔を、今日懐かしさと共にまた思い出しております。

戸田さん本当にありがとうございました。

50周年おめでとうございます! k-おおはし

2016/09/25 (Sun) 00:24:23

50周年おめでとうございます!いつも掲示板の更新が待ち遠しいです。これからも楽しい情報を末永くお聞かせくださいませ(^^♪

Re: 50周年おめでとうございます! - たかはしよしひで  URL

2016/09/25 (Sun) 18:00:41

k-おおはしさん、嬉しいコメントを下さり、ありがとうございます。
50代から還暦過ぎのみなさんがほとんどですが、まだまだこれからも頑張ります。
みなさまとは生涯お付き合いいただければと思います。
よろしければ、k-おおはしさんもお時間がありましたら、また書き込みいただければ幸いです。

お付き合いただきほぼ半世紀 - たかはしよしひで  URL

2016/09/24 (Sat) 10:26:18

1966年=昭和41年に発足した漫画研究会(現:ホップラカス)は、おかげさまで今年で50周年を迎えました。
そして、この「懐かし掲示板」でお付き合いいただいているみなさまのほとんども、半世紀近くお付き合いさせていただいている方々ばかりです。

長く親しく良好な関係を続けさせていただき、本当にありがたいことです。
年齢を重ねてもなお親しく交流させていただいているので、これは真の宝物です。
この場をお借りしてみなさまのご恩情に心から感謝申し上げます。

これからも末長くお付き合いいただければ幸いです。

訪問者の少ない「懐かし掲示板」ですが、今後ともどうぞご贔屓に。
写真は、46年前の1970年に手塚治虫先生が山形市内を訪れた時のものです。

「スター・ウォーズ/ローグ・ワン」ポスター - たかはしよしひで  URL

2016/09/16 (Fri) 15:40:53

“すべては、ここから始まる。”という言葉が意味することとは?

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で、レイア姫がR2-D2に託した“デス・スター”の設計図。
だが、そもそもレイア姫は、そして反乱軍は、いかにしてこの超極秘情報を入手することができたのか?
長きに渡る謎を解き明かす物語になる本作。

自他共に<スター・ウォーズ おたく>と認めるギャレス・エドワーズ監督(「GODZILLA ゴジラ」《2014》/「モンスターズ/地球外生命体」《2010》)はその噂について、「ローグ・ワン」が「新たなる希望」に繋がる出来事について描いている事は確かだ。

「新たなる希望」の冒頭にどこまで近いかというと・・・・、いや、やめておくよ、ネタばれになるといけないから、どこまで直前かは観客に本作を観てその目で確かめて欲しい」と際どいコメント。

彼の言葉通り、本作では「スター・ウォーズ」伝説の“最初の謎”をドラマチックに解き明かし、全ての原点が明らかとなります。

鉄人28号 《少年 オリジナル版》 復刻大全集 ユニット1 - たかはしよしひで  URL

2016/09/16 (Fri) 14:58:17

<「少年」連載開始60周年記念>

初版完全限定! 「鉄人」史上初!
B5判雑誌サイズ&B6判別冊ふろくによる
“連載オリジナル版”での復刻がついに実現!!

価格:予価 19,980 円 (税込)
(本体価格 18,500 円 + 消費税8%)

1956年7月に光文社の月刊誌「少年」での連載開始から60周年を迎える少年SF漫画の金字塔が、雑誌連載時の全貌を初めて再現した復刻版として、ついに甦ります!

10年間にわたる超大河連載となった『鉄人28号』は、これまで多数の単行本が刊行されましたが、いずれも著者による改訂が随所に施されたバージョンであり、ファンにとっては、雑誌連載当時の同作の姿には、謎めいた部分も多く残されていました。
今回の刊行では、「少年」の誌面をレストア(画質修復)のうえ、サイズも含めてそのまま復刻いたしますので、この超大作の全貌が初めて明らかになったと言っても過言ではありません。
連載時と同じ大判サイズのB5判、カラーページ再現はもとより、多数のB6判別冊ふろくもそのままの体裁で復刻。
手塚治虫の『鉄腕アトム』とともに全国の「少年」読者を熱狂させた名作が、時代の空気まで閉じ込めた豪華BOX仕様によるオリジナル版で初めて復刻されます!

「少年」本誌連載部分をまとめたB5判サイズ・1冊と、B6判の別冊ふろく・十数冊を各BOXに収納。本誌からふろくへとストーリーが続く、当時ならではのスリリングな読書体験は、この形式でしか味わえません。
連載各話の扉はもちろん、漫画本文のほぼ半分が2色、4色カラーで掲載され、B5大判のスケール感とともに、その圧倒的な迫力は、これまでの「鉄人」単行本とはまったく次元の違う豪華さ。特に、横山先生自身の手による扉絵や別冊ふろく表紙絵の多くは、ここでしか見ることができない、まさに“幻”の逸品です。
増刊号の読みきり作品や、飛び出す立体漫画と立体メガネ、鉄人関連広告なども忠実に再現いたします。
昭和という時代の熱気と興奮、少年文化をリードした大人気月刊誌のエッセンスのすべてが詰まった、ファン垂涎のオリジナル復刻版が手に入る、最初で最後のチャンスです。
どうぞお見逃しなく!!

★本書の5大特徴★
1.史上初、雑誌連載オリジナル版を、B5判+B6判の雑誌サイズによる大迫力誌面で再現。
2.幻の扉絵、別冊ふろく表紙絵を含め、カラーページをすべて復刻。
3.立体漫画と立体メガネ、鉄人関連広告類までも、忠実に再現。
4.増刊号も含め、雑誌連載順の掲載を実現。
5.魅惑の4大特典(+α)を、全巻予約読者に進呈。
B5判(本誌B5判+別冊ふろくB6判)/豪華化粧箱収納/初版完全限定/全7巻(各巻:約1,000ページ)

※上記の内容は2016年8月時点での予定であり、多少変更の可能性もございます。
あらかじめご了承下さい。
※カバーデザインは、実際のものとは異なる仮のものです。

(c)光プロダクション
出版協力:光文社

『2001年宇宙の旅オープニング - たかはしよしひで  URL

2016/09/13 (Tue) 11:40:21

https://www.youtube.com/watch?v=e-QFj59PON4

不朽の名画『2001年宇宙の旅』の荘厳なオープニング。
まさに、壮大な物語の幕開けです。

「スター・ウォーズ」ミステイク動画 - たかはしよしひで  URL

2016/09/12 (Mon) 21:45:14

https://www.youtube.com/watch?v=45pigbm7wHg

これは面白いです。
実写のミステイク動画ですが、CGでは出せないアナログ感、現場の空気感が伝わってきて嬉しくなりますね。
こういうメイキングは、好きだなあ。

2002年の「懐かし掲示板」から14年間繋がっていたの?というお話 - たかはしよしひで  URL

2016/09/11 (Sun) 17:47:14

懐かしネタではありませんが、「懐かし掲示板」にまつわるお話ですから、場違いではないと思います。
面倒くさいお話になるかもしれませんが、お許し下さい。

この「懐かし掲示板」の前の「懐かし掲示板」をご存知でしょうか。
ひでぼんずさんからお借りしていた頃のことです。
ご存知の方もおられるかと思いますが、Hさんという方がおられました。
2002年10月ごろかと思いますが「懐かし掲示板」に書き込みされました。
その当時の「懐かし掲示板」はもう残っていないので、Hさんご自身の日記より部分転載させていただきます。


「手塚神話のタブー」
「・・漫画の神様と言われる手塚治虫氏ですが、例えばちばてつや氏が書いたような、テーマを一種類のスポーツに絞って、徹底的に描き通すというものを、寡聞にして存じません。

ブラックジャックなど、別テーマ中にちょこっとスポーツを扱ったものなら、いくつか見つかることでしょう。
実に、私が手塚漫画に共感を覚える一つは、そこにあります。
あらゆるスポーツが苦手で、大嫌いなのです。

スポーツ漫画だけは話題に出来ないのは、それゆえです。
スポーツ漫画も好きだというかたには、腹立たしい話でしょうが、極端に苦手だったのです。体育は苦痛でした。

アトムの女性的な一側面に屈折した思いを寄せるのも、手塚漫画にスポーツテーマなしということと、関係あるかもしれません」


このように書き込みいただいたのですが、申し訳ないことですが当時私はHさんに的外れなレスポンスを差し上げてしまいました。
それに対して、Hさんは当然怒られ、激怒のメールを下さいました。
これもHさんご自身の日記より一部抜粋してご紹介いたします。


「漫画家ふぜいにことごとく先生と言わねばならぬムードは異常世界にほかならず。
又、特定の作家の批判のページでないと言いつつ、お世辞たらたらは、大歓迎というのでは、こんなもの、くだらぬお宝資料館にとどまって、全く哀れなり。
私の如き中庸な目で見ると、どの世界も汚いものの中に純粋な断片があり、虚飾の贅の中に、きたならしいはげたメッキの本質ありというのが、このしゃばということがわかるのです。」

「これでもし私に謝罪する度量があらば、私もあの書き込みに対する無礼は許容しますが、さもなくば、これまでの私のコーナーを即日撤去いただきたいと願うものです。
万に一つ、私のコーナーが微力ながら接続件数に貢献しているとしたら、こんな不愉快なことはありません。処置はそちらのしたことであろうけれど、これまた乞われての我が厚意。
画像提供の手数も当然あったのです。
最後に、コーナー撤去の時は、返信無用に願いたいし、反論・報復メールも無用に願いたい。」

「繰り返します。お心を入れ替える時のみ、返信願いたく、その反対の時は無用。そして、無論私のコーナーは撤去願いたい。さもなくば、コピーして我がHPとして、そのまま利用することをも辞さじ。
乱文失礼。」


私はこれに対してすぐに謝罪のメールを差し上げました。
その時はそれで許していただけたと思っていましたが、そうではなかったようです。
なぜか、14年も経った今年の9月になって再び強く抗議されました。
人の恨みの執念、いやもう還暦を過ぎたおじいさんの執念は凄まじいと思いました。

以下は、最近のHさんご自身のブログに掲載された文章の一部です。


「手塚治虫氏の漫画を称えたつもりの書き込みに対して、この人の読みの甘さに私は疑問と激怒を覚えた。
これが私の見解と、見当はずれのこの人のレスポンスであり、それこそアンバランスになり、私の思いはこなごなに打ち砕かれた。

繰返すが、私の書き込みのどこに特定の、この場合手塚氏批判が書かれていたのか、この件はその人が理解出来ぬまま、とりあえず落着の形におさまったが、実にこの2005年(原文ママ正しくは2002年)の書き込み以降、私は腫れものにさわる思いで書くように心がけた。

これだけ書いてもまだ理解に苦しむというなら是非もない。もちろん、ここまで書けば、友人でも知己でもない。これで訣別になって一向に構わない。」


以上です。
私はどなたとも同様にお付き合いいただいておりますが、どうも私の何かが癇にさわるようです。
すでに謝罪したことに対して、14年も経ってから蒸し返されても、これはただの言いがかり、嫌がらせでしかありません。
こうなればやむをえません。
全く理解に苦しむので、ここで縁を切らせていただきました。

遠い昔に、今でもお世話になっているさる方から「Hさんには気をつけたほうがいいよ」という内容のアドバイスをいただいたことを思い出しました。
その時に真剣に聞いて縁を切っておれば、今頃になってこのような辛い思いをすることはなかったと後悔しております。
なお、Hさんのコーナーはご要望通り撤去させていただきました。
これまでのご厚意に感謝申し上げます。

と、いうことで、なんとも大人気ない面倒くさいお話で失礼いたしました。

Re: 2002年の「懐かし掲示板」から14年間繋がっていたの?というお話 - みずの

2016/09/20 (Tue) 23:04:18

ご無沙汰しておりました。

「たかはしさん」からメールをもらい、チョイと拝見しましたら、・・・・成程、そう言う事ですかい・・・。

何~~んにも、「怒髪天を衝く」様な話じゃないのにね。

言ったら申し訳ないけれども、「この程度」の雑談事で腹立ててたら「生きていけないよ」。

私なんか、今、「厚生局」と何年越しで「凄まじいバトル」やらかしてんですから。

「懐かし掲示板」は楽しい話題でイッパイ・・・・てえのが良いですよね。

「スズメバチ」てえのはやっぱり「人騒がせ」な存在なんでしょうな。

Re: 2002年の「懐かし掲示板」から14年間繋がっていたの?というお話 - たかはしよしひで  URL

2016/09/21 (Wed) 09:00:35

みずのさん、コメントを下さりありがとうございました。
ありがたいことに、他にも読んでいただいた数名の方から、電話やメールをいただいております。
くだらないことには今後いっさい関わらないことに決めました。

それにひきかえ、みずのさんは「凄まじいバトル」を続けておられるとのことですが、さぞ精神的なご苦労が多いと思います。
私などには計り知れませんが、どうぞ崇高な目的のためにくれぐれもご自愛くださり、ご健闘されますことをお祈り申し上げます。

みずのさんをはじめ、みなさんとはすでに半世紀近くずっと親しくそして良好な関係を続けてさせていただいております。
これはとてもありがたいことです。

おかげさまで、吹っ切れてさらに元気が出ました。
ありがとうございます。

Re: 2002年の「懐かし掲示板」から14年間繋がっていたの?というお話 - shun

2016/09/22 (Thu) 12:04:29

おそらくアスペルガー症候群の人ですね。
この症状を病気と捉えるかは学者によって違うようですが、非常に頭はいいけれど、コミュニケーション障害があり、特に自分が何らかの被害を受けたと感じると、執拗に相手を追い詰めたりします。
以前私がやっていたブログにもこの手の人が怒鳴り込んできて、どんなに謝罪しても許してくれず、こちらの言葉の上げ足を取ってどんどん追い詰めてきました。その時はこの症状のことを知りませんでしたが、結局その人の抗議に関わる記事を全て削除し、出入り禁止にしました。
昔から「天才」と呼ばれる人にこの症状の人が多いようで、スピルバーグ監督もこの治療を受けていたそうです。おそらくジェームズ・キャメロンも映画のメイキングを見ているとそうではないかと思えます。
こういう人に出くわしたときは、確かに早めに手を切ったほうが賢明のようですね。凡人の頭では太刀打ちできません。

アスペルガー症候群Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

Re: 2002年の「懐かし掲示板」から14年間繋がっていたの?というお話 - たかはしよしひで  URL

2016/09/22 (Thu) 13:46:33

shunさん、いつもお世話になっております。
お仕事の追い込みでお忙しいところ、コメントを下さりありがとうございました。
お話を伺うと、shunさんもずいぶんご苦労されたご様子ですね。
当時の辛いお気持ち、お察しいたします。

実は「アスペルガー症候群」については別のお方からも指摘を受けました。
私もお話を伺って納得したしだいです。

もちろん「アスペルガー症候群」の方全員がそうだとは思いませんが、このたびに関してはそう思わざるをえません。
特定のことに関して知恵がまわるし、執拗に相手を追い詰めというのも、納得できます。
ただ、人とのコミュニケーションがうまくできないだけなのですね。
障害をお持ちの方には確かに生きにくい世の中だとは思います。
だからといって、嘘をついて人を貶めて喜んでいてはダメですね。

アドバイスにありましたように、すでにネットを含めいっさいの関わりを絶ちました。
今では憂鬱だった気分も吹き飛び、憑き物が落ちたように気分爽快になりました。
いろいろありがとうございました。

映画『マグニフィセント・セブン』予告編 - たかはしよしひで  URL

2016/09/09 (Fri) 13:42:02

https://www.youtube.com/watch?v=ATebNTY-mi8

黒澤明監督の名作「七人の侍」を原案とした「荒野の七人」を21世紀の名匠アントワーン・フークア監督が完全リメイク!荒野に集まった最強最悪の七人。
デンゼル・ワシントン、クリス・プラットなど豪華キャストで贈る、名作の魂を受け継ぐ至極の西部劇『マグニフィセント・セブン』最新予告が遂に解禁!

2017年1月27日(金)全国公開

映画の背景は沢山の合成映像で出来ている - たかはしよしひで  URL

2016/09/02 (Fri) 10:35:13

https://www.youtube.com/watch?v=sQR2dECu_5Q

見ているだけでワクワクして、楽しい!
移動していてもきちんと合成できるのですね。
たまげました。

かっこういい動画★クロマキー合成!自宅でのんびりとできる!【Filmora動画編集プロ】
https://www.youtube.com/watch?v=vsu3_wtouZY

Re: 映画の背景は沢山の合成映像で出来ている - shun

2016/09/03 (Sat) 11:01:09

古い動画ですがこんなのがあります。
イギリスの映像プロダクションが作ったもので、最初何をやっているのかさっぱり分かりませんが、最後まで見ると驚きます。4分。
https://www.youtube.com/watch?v=WRS9cpOMYv0

で、日本の大学生たちが翌年にそれをまるごと再現したのがこれ。
https://www.youtube.com/watch?v=vu2Q7zUUHSY
オリジナル作れよ!

Re: 映画の背景は沢山の合成映像で出来ている - たかはしよしひで  URL

2016/09/06 (Tue) 08:39:29

数人でも大作風の映像が作られてしまうのには驚きました。
それだけいい時代なのでしょうね。
ただ、そんな技術を使いこなすセンスがなければダメですけど。

なお、日本の大学生たち、 shunさんの言われるように、オリジナルを作って欲しいですね。
本当にもったいないですね。
ちょっと視点を変えるだけで、立派なオリジナル作品になると思うのですが。

Re: 映画の背景は沢山の合成映像で出来ている - shun

2016/09/09 (Fri) 20:59:23

ILMの公式チャンネルにスターウォーズEP7のCGメイキングがアップされました。
https://www.youtube.com/watch?v=HgzxrwXHCoU

このメイキングを作るだけでも大変な作業だったと思います。

Re: 映画の背景は沢山の合成映像で出来ている - たかはしよしひで  URL

2016/09/10 (Sat) 11:55:19

す、すごい・・・。
shunさん、ありがとうございます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.